トップ > 上海 > 主要エリア紹介

上海

主要エリア紹介

虹橋・古北地区

上海市外西部に位置する虹橋経済開発区は、日系企業をはじめ外資企業が多数集まるオフィス街です。日本人学校や国際学校、日系学習塾など教育環境が整っておりご家族向けエリアです。

中山公園エリア

近年、人気のあるエリアです。
地下鉄2号線と3号線の開通により虹橋方面、静安寺方面へのアクセスが便利になり 日本人にも人気のエリアです。

静安区

静安区のシンボル・静安寺があります。静安寺の隣にあるそごう系高級デパートの久光城市百貨。地下の食料品売場には日本食材のほか高級菓子などのテナントが入り、まるで日本のデパ地下のようです。
また、注目のブランドショップやショッピングモールなどが続々とオープンしている「南京西路」は、上海のショッピングストリートです。表通りは近代的な建物ばかりだが、一歩裏通りに足を踏み入れると地元っ子で賑わう屋台街などもある面白いエリアで、レストランやカフェバーなどがあります。

盧湾区

上海市の中心部を東西に走る淮海路は、若者カルチャーの発信源です。その中心となる黄陂南路駅と陝西南路駅は、レストランや高級ブティックを備えたオフィスビルやデパートが並ぶエリアです。また、上海のシンボルとして有名な新天地があります。陝西南路や長樂路には洋服や靴を売る小さな店が多く、オシャレに敏感な若者達であふれています。

徐匯区

フランス租界時代の面影が残る衡山路。プラタナスの並木が続き、オシャレなクラブやレストランが集まり欧米人に人気のエリアです。また、欧米系の領事館が集まるこのエリアは、閑静な住宅街エリアでもあります。衡山路を南下すると見えてくるのが巨大なガラスの球体を載せた徐家匯のランドマーク・美羅城。携帯電話やパソコン関連商品の売場が集まっています。近くの天鑰橋路は庶民的で美味しいレストランも多く、賑やかなエリアです。

普陀区

緑豊かな住宅エリア。かつては郊外という印象でしたが地下鉄2号線と3号線の開通により、最近では人気のエリアです。上海駅から程近い蘇州河沿岸の莫干山路は古い倉庫街でしたが、近年再開発され、国内外のアーティストが集まるアトリエやギャラリーとして注目されています。

浦東区

浦東新区は多くの高層ビルがあり銀行、証券、保険の外資系企業が集中したオフィス街です。住宅はハイレベルで優良な高級マンションが 多く、日系管理物件もあります。 また、上海で2校目の日本人学校ができ、日本人居住者も増加中です。

虹口区

かつて租界時代に日本人が多く住んでいたので「日本租界」と呼ばれていたエリアです。 魯迅公園の南にある多倫路は昔の町並みを再現した石畳の通りで、オールド上海を偲ばせる町並みです。近年、地下鉄の開通により便利になり、急ピッチでの開発が進んでいるエリアです。